りんごバナー





青菜漬けとは青菜という野菜を使った山形で代表的な漬物。
見た目は、野沢菜漬や高菜漬と同じですが、 元の漬ける葉が違います。
シャキっとした歯ごたえと、ほど良い塩味・辛みが特徴です。

青菜漬の元となる「青菜(せいさい)」とは、幅広で肉厚の茎が特徴です。
食感が良いといわれています。

通常、青菜は秋の葉で、雪のあたる前に収穫してしまいますが、実は、雪にあたると繊維も柔らかくなり、甘みがぐんと増します。

山形でもとくにおいしい飯塚地区・堀込地区の生産者に、あえて雪があたるまで摘み取りを待ってもらい、一番良い時期に収穫してもらっています。

また、青菜は塩を浸透しにくいので、時間をかけて、塩できちんと下漬けします。
数日たったら、どんなお漬物でも味がグンと良くなるさとみの「魔法のたれ」で本漬けするというように、二度に分けて漬け上げます。
この手間があるからこそ、昔からある山形の家庭の青菜漬の味わいがあるのです!

また、「雪あたり青菜漬」は、着色料などは一切使っていない、自然の青菜の緑色が楽しめます。
保存をよくする理由等で真空パック保存にすると歯ごたえが悪くなってしまうため、あえて真空パックにしていません。

気温が低くなり日持ちが自然とよくなる寒さになるまで漬け込みを行わない商品ですので、完全受注予約販売しているのも特徴のひとつ。







生産者の「さとみの漬物講座企業組合」のさとみ先生は全国的にも有名な漬物の先生。
テレビや雑誌で紹介されたり、本も出版されている有名な方です。

そのさとみ先生を中心に、「さとみの漬物講座企業組合」の組合員が心を込めて、丹念に漬け込みます。








通常の食べ方は、5cm位に切って漬物としてお召し上がりください。
漬けたては、少し辛みが感じられます。この辛みは青菜特有の辛みですが、漬け込めば漬け込むほどに辛みが抜けていきますので、お好みでお召し上がりください。

その他には、茎の部分を細かく刻んで、さっとお湯にくぐし、ざるにあけて水気を絞ります。
これを煮物にするのが、昔から伝わる「茎菜煮(くきなに)」です。
また、それをアレンジしてゴマ油で炒めてだし醤油でさっと味つけし、白ごま、一味をかけても、ご飯に合います。
もちろんチャーハンに入れてもおいしいですよ。

葉の部分は、海苔のかわりにおにぎりにまいて食べるのが、おすすめです!







雪あたり青菜漬(せいさいづけ)2kg

価格: ¥2,480 (税込 ¥2,678)
[ポイント還元 26ポイント~]
数量: セット
在庫:

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星半分 4.5 (6件)

twitter

内容量

山形県産 雪あたり青菜漬 2kg

お届け時期

予約発送 
発送可能期間 【12月中旬~下旬頃を予定しております。

※天候や生育状況によって前後する場合がございますので予めご了承くださいませ。

お届け方法 クール便 
ヤマト運輸 冷蔵便にて発送

※気温、天候状況によっては温度帯を変更して発送する場合がございます。
生産者 さとみの漬物講座企業組合(山形県山形市)
ご注意
3箱につき1口分の送料が発生します。
箱、詰め方は画像と異なる場合がございます。
クレジットカード決済は、システムの都合上発送前に決済となる場合がございます。
納品書、請求書などは同封しておりません。
ギフト対応でご注文される方は、受け取られる方へ予めご連絡しておく事をお勧めいたします。
長期不在等で商品の傷みが増したり、受け取ることが出来なかった場合、責任をお受けいたしかねますので、予めご了承ください。
同一宛先へ多数発送する場合は追加で送料が発生する場合がございます。 詳しくはお問合せください。

酒井製麺

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

楽天ID決済

うまいず通信ダウンロードバナー

山形うまいずマーケット店長ブログ

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日




ページトップへ