山形のおいしいがきっと見つかる
山形の名産品
 


┃修験道の行者が食べたとされる「行者にんにく」

「行者にんにく」は、山にこもる修験道の行者たちが食べたことからその名がついたと言われています。

また、一説には、これを食べた行者に滋養がつきすぎてしまい、
逆に食べるのを禁じられてという説も残っており、非常にパワフルなにんにくであることでも知られています。

普通のにんにくに比べると収穫ができるようになるまで時間がかかるため、
スーパーなどに出回ることがほとんどない、貴重なにんにくです。


▲5月初旬の西塚さんの畑の様子。青々と育った行者にんにくはみるからに柔らかそう!



┃にんにくの強い香りとシャキッとした歯ごたえがクセになる美味しさ

行者にんにくは、食べ方もいろいろですが、
一番のおすすめは「しょうゆ漬け」です!


さっと湯通しした行者にんにくを醤油に漬け込み、
お好みの大きさに切ってお召し上がりください。


にんにくの強い香り、旨みが白いごはんにぴったりで、
止まらなくなる美味しさなんです!


また、醤油に漬け込む際に刻んでおけば、薬味としても抜群の美味しさです。
お豆腐にのせたり、卵焼きにまぜたりしてお楽しみください。

(通常のにんにくに比べても香りが強いので、その点は食べる際にはお気を付けくださいね。)


ほかにも、お浸し、天ぷら、餃子、お好み焼きの具などにもおすすめです!




▲シャキッとした歯ごたえながらも繊維がやわらかいんです!おにぎりをくるんでも美味!



┃銀山温泉で知られる山形県尾花沢市の「虹の農場」で栽培

この「行者にんにく」は、当店では極太アスパラの生産者としておなじみの
虹の農場の西塚さん一家が栽培しています。




▲親子二代で栽培している西塚さんファミリー。風情のある温泉街が人気の「銀山温泉」



尾花沢は豪雪地帯としても知られる、水も空気も綺麗な地域です。

行者にんにくは、田んぼの雪が消えるとすぐに生えてくるのですが、
春一番の雪解け水をたっぷり含んだ土から芽吹くので、葉が柔らかいのが特徴です。


また、葉を大きくすることで、味が濃くなり、料理の幅も広がることから、
あえて葉を大きくしてから収穫しています。


行者にんにくの収穫期間は4月下旬頃~5月上旬頃と大変短いので、
どうぞ一年に一度の旬の美味しさをお見逃しなく!




にんにくの香りとシャキッとした歯ごたえをどうぞお楽しみください!


行者にんにく[500g]

価格: ¥3,000 (税込 ¥3,240)
[ポイント還元 32ポイント~]
数量:
在庫: ×

レビューはありません

twitter

内容量 山形県尾花沢市産 行者にんにく 500g
お届け時期 通常商品 


お届けは【4月下頃~5月上旬】を予定しております。発送期間中は、ご注文より1週間前後で発送いたします。

※生育状況により、時期が前後する場合がございます。

※季節商品のため、配送日指定は承っておりません。

お届け方法 冷蔵便 冷蔵便 ヤマト運輸での発送
生産者 虹の農場(山形県尾花沢市)
ご注意
沖縄県へのお届けは送料2,160円を頂戴いたします。予めご了承ください。
納品書はお入れしておりません。ご了承ください。
保証期間は到着日限りとさせていただきます。
季節商品のため配送日指定は承っておりません。時間指定は承ります。
ギフト対応でご注文される方は、受け取られる方へ予めご連絡しておく事をお勧めいたします。
長期不在等で商品の傷みが増したり、受け取ることが出来なかった場合、責任をお受けいたしかねますので、予めご了承ください。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

FAX注文用紙はこちら メールマガジン うまいず通信ダウンロードバナー J-FEC認証

facebook twitter instagram

ページトップへ