山形のおいしいがきっと見つかる
山形の名産品



| 古くから米沢で食べられてきた「うこぎ菜」

「うこぎ」という植物をご存知ですか?
うこぎは、山形県米沢市(よねざわし)を中心に古くから食べられてきた伝統野菜で、同じくうこぎ科のコシアブラを少し小さくしたような形をしています。朝鮮人参も同じくうこぎ科の植物です。
漢字だと「五加木」と書きます。

原産地は中国で、もともとは薬用として日本に持ち込まれたと言われており、
「エゾうこぎ」や「ヒメうこぎ」などいくつかの品種がありますが、一般的に米沢で栽培されているのはヒメうこぎです。






| 上杉鷹山がうこぎの垣根を推奨した歴史

米沢市におけるうこぎ栽培の歴史は、なんと戦国時代にまでさかのぼります。
数年前に大河ドラマの舞台にもなった米沢藩の将軍「直江兼続公」がうこぎの栽培を始め、それをのちの米沢藩9代目藩主上杉鷹山が垣根として広めたといわれています。

栽培を広めたきっかけは、うこぎを屋敷の垣根にすることでトゲにより敵の侵入を防ぐためだったそうです。さらに、春先にはその生垣から若芽を摘んで食用にしたといいますから、さすがは倹約を極めた上杉鷹山だなぁと感心してしまいます。

米沢に残る武家屋敷には今でもうこぎの生垣があり、城下町の風物詩になっています。
また食用としても、うこぎ料理は米沢には欠かせないものとなっています。







| 若葉の美しい萌え色と独特のほろ苦さのうこぎ菜新梢

今回ご紹介するうこぎ菜新梢(しんしょう)は、うこぎの新芽の部分と柔らかな茎(新梢)を摘み取り、野菜として食するもの。

若葉ならではの美しい萌え色と、山菜のような独特なほろ苦さ、新梢のシャキッとした歯ごたえは、他の野菜では味わえない滋味深い美味しさです。

また、このうこぎの新梢は5月から7月中旬頃にしか味わえない味です。 (それ以降は茎を含まない新芽のみの収穫に切り替わります)



少々のアクがありますので、たっぷりのお湯に塩をいれてお好みのかたさにゆで、 冷水にさらしてから調理してお召し上がりください。


食べ方も、天ぷら、うこぎごはん、味噌和え、おひたし、一夜漬けなど、さまざまな方法でお召し上がりいただけます。





┃うこぎの食べ方

少々のアクがありますので、たっぷりのお湯に塩をいれてお好みのかたさにゆで、 冷水にさらしてから調理してお召し上がりください。

・茹でる際にはたっぷりのお湯に2%程度の塩を入れて1~2分茹であげ、流水で粗熱を取ってから氷水で冷やしていただくと緑色を保つことができます。 また、茹でてから冷蔵保存の場合は10日間程度保存できます。
・冷凍保存する場合は、さっと熱湯を通してからファスナーパックなどに入れて冷凍してください。


┃楽しみ方はいろいろ。おすすめの食べ方

■うこぎご飯(うこぎの香りがふんわり漂います!)
■うこぎのおひたし(うこぎ本来の苦みを味わうには一番!)
■うこぎの味噌和え(細かく刻んだうこぎと味噌、クルミを一緒に包丁で叩いて混ぜるだけ。ご飯にかけても!)
■うこぎの浅漬け(簡単です!苦みがやわらいで食べやすいです)

※商品と一緒におすすめのレシピを同封いたしますので、ぜひお試しくださいませ。



┃株式会社マインドのうこぎ菜新梢

このうこぎな新梢を栽培しているのは、山形県米沢市にある株式会社マインドです。
春から夏の時期にかけ、660坪(2,000平方メートル)もの広大な農園にてうこぎの栽培をおこなっています。





栽培のこだわりは、化成肥料や農薬、殺虫剤などを使わないこと。
平成13年から栽培を開始しましたが、平成15年からは化成肥料を鶏ふんに切り替え、一切の化成肥料は与えていません。

一般的にはアブラムシなどがつきやすいのですが、畑の畝(うね)の間隔を広くあけ風通しをよくすることで、薬剤などを使わない栽培を実現しています。また、もっとも手のかかる収穫についても、手間暇をかけて手摘みしています。

畑の一角には、研究者の方のためのスペースもあり、山形を代表する有名校の研究材料としてもうこぎが活用されているそうですよ。

うこぎには、体に良いさまざまな栄養素も含まれているそうですので、ご興味のある方はぜひ調べてみてくださいね。
(ここでお伝えしたいところですが、法規上の都合で当店からはお伝えできません。ごめんなさい!)



代々米沢で食されてきた「うこぎ」。そのほろ苦く滋味深い味わいをぜひお楽しみください。



山形の伝統野菜うこぎ菜(新梢×400g)

価格: ¥2,400 (税込 ¥2,592)
[ポイント還元 25ポイント~]
数量:
在庫:

レビューはありません

twitter

名称 うこぎ菜(新梢)
内容量 うこぎ菜 新梢400g
【発送箱サイズ】約27×19×12cm
産地 山形県米沢市
保存方法

・生のまま保存する場合は冷蔵庫(5~10℃)、または冷暗所にて保存(保存期間5日程度)
※生のままでの冷凍やパーシャル保存はできません(茶色に変色し傷みます)

・茹でる際にはたっぷりのお湯に2%程度の塩を入れて1~2分茹であげ、流水で粗熱を取ってから氷水で冷やしていただくと緑色を保つことができます。また、茹でてから冷蔵保存の場合は10日間程度保存できます。

・冷凍保存する場合は、さっと熱湯を通してからファスナーパックなどに入れて冷凍してください。

生産者 株式会社マインド(山形県米沢市)
お届け時期
5月中旬~7月中旬頃のお届け予定
 
※季節商品ですので、年により収穫時期が異なります。収穫出来次第発送いたしますので、ご了承ください。
お届け方法
のし のし、包装などのギフト対応不可とさせていただきます
ご注意 ●季節商品のため配送日指定は承っておりません。時間指定は承れます。
●箱、詰め方は画像と異なる場合がございます。
●納品書、請求書などは同封しておりません。
●保証期間は到着日限りとさせていただきます。

2019さくらんぼ佐藤錦ラインナップ

さくらんぼ紅秀峰ラインナップ

美味しいお中元

新規会員登録はこちらから

お客様の声

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

FAX注文用紙はこちら メールマガジン うまいず通信ダウンロードバナー J-FEC認証

ページトップへ