山形のおいしいがきっと見つかる
山形の名産品

┃地元の大学との共同開発商品「純米吟醸酒つや姫なんどでも」

【2017年度全米日本酒歓評会 吟醸部門銀賞受賞】

東の麓の純米吟醸酒「つや姫なんどでも」は、山形の米「つや姫」を100%使用。
東北芸術工科大学の学生達と共同で開発したお酒です。

『何度でも(何回飲んでも)おいしい』、
『なんどでも(どんな温度でも)おいしい』
という意味が込められています。

東の麓


みなさまに“なんどでも”楽しんでいただきたいお酒です!



┃山形の芸術大学の学生らが手掛けたデザイン

東北芸術工科大学は山形市内にある、芸術・デザイン系の大学です。

その教員と学生らが、東の麓酒造からの依頼を受け、
企画・販売戦略等を担当したのが「純米吟醸酒 つや姫なんどでも」です。

ボトルラベルは、つや姫の特質(冷めても美味しい、毎日食べても食べ飽きない)を生かし、
何度(何℃)でも美味しく飲めることが表現されています。
また9色の温度バーは、温度によって変わる
「花冷え」「人肌かん」などの 日本酒の呼び方を表しています。

“若者が手に取りやすい日本酒”を目指したデザインで、通常より小さめの瓶も。
“女性のバッグに入る大きさ”まで考えられています。



┃地元に愛され続ける堅実な酒造り

東の麓酒造がある南陽市は、烏帽子山の千本桜や秋の菊人形祭り、
開湯900年の赤湯温泉などが有名な山形県南部に位置するところです。

明治29年の創業以来、地元の方々に愛され続けている蔵元で 厳選された材料を使い、
「微妙な手加減」を大切にするため、 酒造りのほとんどの工程を手作業でおこなっています。


東の麓東の麓
(左)
丁寧に仕込み作業が行われます。
(右)
いい蒸し米ができあがるように水分を調整しています。

品質が高く、飲む人を虜にする酒を驚くほどの低価格で販売していることを考えても、
飲み手の側に立った酒造りの姿勢がうかがえます。

「いい材料を使って、丹精こめて作っています。でも地元の方をはじめ多くの方に飲んでいただけてこその酒造りなので あまり高い値段はつけられないと、社長も思っているようです。」 と、 製造部長の新藤さん。

手間隙のかかる手作業の工程についても 「特別なことをしているわけではないんですよ。」と、
優しい笑みを浮かべます。

東の麓
(上)風情のある店構えです



東の麓酒造の酒造りに対する誠実さは、
古いながらも、 きちんと磨き上げられた酒蔵から伺い知ることができます。

数年前から、販売網を広げたおかげで県内外に少しづつファンが 増えてきていますが、
まだまだ「知る人ぞ知る」蔵元であることに 変わりはありません。

 
すっきりした飲み口で優しい香りの純米吟醸酒「つや姫 なんどでも」。
“なんどでも”楽しんでいただけるお酒です!
 

純米吟醸酒「つや姫なんどでも」1800ml

価格: ¥2,500 (税込 ¥2,700)
[ポイント還元 27ポイント~]
数量:
在庫:

レビューはありません

twitter

内容量 純米吟醸酒1800ml 
原料米ほか 原料米:つや姫、アルコール度数:15%、
お届け時期

最速便 

お届け方法 常温便  ヤマト運輸 常温便
酒類の商品在庫について メーカーの在庫状況により、ご注文確定後であっても商品が欠品となってしまう場合がございます。その場合は当店よりメールにてご連絡させていただき、ご注文をキャンセルとさせていただきます。
誠に勝手ではございますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
生産者 東の麓酒造有限会社(山形県南陽市)
ご注意
クレジットカード決済は、システムの都合上発送前に決済となる場合がございます。
納品書、請求書などは同封しておりません。
袋、詰め方は画像と異なる場合がございます。
一度に複数箱ご注文いただいた場合、送料が複数かかる場合がございます。
(詳しくはお問合せください。)
ギフト対応でご注文される方は、受け取られる方へ予めご連絡しておく事をお勧めいたします。
長期不在等で商品の傷みが増したり、受け取ることが出来なかった場合、責任をお受けいたしかねますので、予めご了承ください。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

FAX注文用紙はこちら メールマガジン 会員登録について うまいず通信ダウンロードバナー J-FEC認証

facebook twitter instagram

ページトップへ